より短い開発時間、より少ない費用

複数の会社を巻き込む共同開発プロジェクトには、構造化された組織、透明なプロジェクト計画、及びスケジュールと時間管理点に対する組織的な追跡が必要です。全ての開発パートナーが同じシステム内で作業する場合にのみプロジェクトコースの共通のビューが生成され、全ての関連ドキュメントへのアクセスができるようになります。SupplyOn Project Managementはこの共通ビューを可能にし、APQP方法に基づいた効率的な先行品質計画を支援します。

私たちは、このシステムを開発段階にもっと簡単、便利と有効な交流を支持することができると期待します。SupplyOnの解決方案は、サブライヤーと共同で品質管理をさらに向上させます、そして顧客の需要をもっと満足させます。

Jürgen Oberle, Head of Business Process Quality Management, Continental Automotive Systems

APQPは何ですが?

APQP – 先行製品品質計画 – は先行品質計画(AQP)とほぼ同等であり、エラーを未然に防ぎ、発展を持続させるための基礎です。構造化された方法により、開発プロセスの全ての段階において適切である、生産及び品質計画のための連続的なプロジェクト管理が保障されます。製造者に生産活動において必要な透明性を与えられる、統一、製品関連なドキュメント構造を作るのが目標です。

SupplyOnプロジェクトはどのように働きますが?

登録ユーザーの場合は、SupplyOnオンラインプラットフォームにログインして下さい。SupplyOn Project Managementを利用すると、顧客と一緒に作業しているプロジェクトには随時アクセスできます。期日、担当または状況などの変化は即時に関連する各所に知らされます。特定の時間点でドキュメント及び結果をアップロードして関連各所と共有することができます。

次のタスク及び処理状況は常にリアルタイムで表示されています。期日は交通信号機機能により監視され、状況に応じて自動的にEメールで知らされます。状況報告はプロジェクトの進捗状況を随時開発パートナーに知らせます。

メリット

  • 管理による干渉は抑えられ、開発チームは全力で技術問題に専念できます。
  • エスカレーション及び期日は自動的に監視されます。
  • プロジェクトの延滞は事前に感知され、回避されます。
  • 標準化、ドキュメント化されたコミュニケーションは開発プロジェクトに最大限の可視性をもたらします。