効率の良い見積依頼及び最大限の感知

現在のバイヤーはビジネストランザクションを開始するのに透明的なプロセスを要求します、故に電子入札の評価による恩恵を重要視しています。ファックスまたはEメールで提出した見積は落札時にはよく疎まれます。SupplyOn Sourcingなら、より効率的に顧客との問合わせ及び申入れプロセスを管理し、販売の品質を最適化することができます。

どのようにSupplyOnを通して入札しますが?

登録ユーザーの場合は、SupplyOnオンラインプラットフォームにログインするだけで良いです。SupplyOn Sourcingには、受信したリクエスト、発行した見積及び落札決定の一覧が表示されています。全てのメッセージはわれわれのオンラインプラットフォームを介して電子的に伝送されますので、メディアの中断を防ぐことができます。処理に必要なドキュメントをダウンロードしてローカルで作業を続けることもできます。これで複雑な問合わせも簡単に処理できます: 問合わせをエクセルファイルでダウンロードして、処理が完了しましたらもう一度SupplyOn Sourcingにアップロードするだけです。

メリット

  • SupplyOnを介して見積を提出することによって、落札の決定時に見積は必ず考慮されます。
  • 自動化された注意喚起Eメールは問合わせに対する適時な返答を保障します。
  • リクエストの明晰な構造化により双方の相談の必要が減少します。
  • リクエスト及び提出した見積を随時追跡できます。

SupplyOn Sourcingでの社会連携

社会連携機能により、SupplyOn Sourcingのトランザクションに関する問合わせを顧客と直接行えるようになります。これのメリットは: コミュニケーションはケースと直接リンクする形で行われます – 各々個人の受信箱を介してではなく。これによって、コミュニケーション全体は分かり易い形式で記録され、当の情報に関連する各所がそれにアクセスできるようになります。SupplyOn Social Collaborationについて