サブライヤー在庫管理(VMI)

最適な生産計画と高い供給信頼度

最適に生産を計画し、信頼性のある供給を実現するためには、顧客の実際の需要に関する最新情報が必要です。サプライヤ指向のVendor Managed Inventory(VMI)プロセスでは、サプライヤのあなたが顧客の在庫を計画します。SupplyOnプラットフォームから顧客の在庫状況及び需要計画にアクセスできます。それを元に自身の生産計画を最適化し、供給不足を防ぎます – 同時に自身のコストも軽減します。

伝統的需要計画は需要日付と数量の情報だけを示す、VMI方法は顧客の実際在庫水準を示す、そしてすぐに重要な開発状態に対して応答することができます。私たちの生産と納品プロセスを未来に向け、そしてコストを節約します。我々の顧客は信頼性高いの供給から利益を得ます。

Petra Kaiser, General Manager, Franz Wolf GmbH

SupplyOn VMIはどのように働きますが?

登録ユーザーの場合は、SupplyOnオンラインプラットフォームにログインします。SupplyOn VMIによって、顧客の現在の在庫及び要求計画を閲覧することができます。それで独自で倉庫在庫レベルを協議の最小及び最大制限内に維持します。在庫レベルリスクが規定の制限を超過もしくは下回った時には自動的にEメールで警告されます。

未来の任意期間内の在庫状況を予測し、厳しくなる状況を早期に察知することができます。新しく入力した数量で現在の在庫が受ける影響を確かめるために、予定された出荷をシミュレートすることもできます。

メリット

  • 生産計画の最適化及び生産能力の有効利用。
  • 品切れの警告を事前に受ける – 注文パニックやコストの高い緊急出荷を未然に防ぐ。
  • 確実なる情報の元に、納入指示を頼りなく消費指向の行動ができます。