航空宇宙業界での、サプライチェーンのいくつかのレベルをも越える、緊密で集中的な連携には、極端に有効な凝議及びコミュニケーションプロセスが必要です。これは、会社を超えた、エンド·ツー·エンドの電子的処理によってのみ実現可能です。

これはまさにSupplyOn AirSupplyでできることです:このソリューションは、全生産周期に渡るサプライチェーン管理プロセスを透明的に改変させます。ヨーロッパ大手航空宇宙企業により設立された企業組合BoostAeroSpaceのおかげで、AirSupplyを利用して複数の顧客と一緒に作業することができます。これによって、複数のビジネスパートナーからのプロセス関連情報を標準なフォーマットで、1つのプラットフォームからアクセスできます。

AirSupplyはどのように働きますが?

SupplyOn AirSupplyは、材料要求の事前計画と調整、そして注文から納品及び支払いまでの連携での情報交換に構造的なアプローチを取っています。状況報告は、各プロセスステップを透明にし、例外に基づく作業を可能にします。どんなユーザーの要求にも沿える素晴らしいユーザーインターフェースは毎日の仕事をうんと快適にしてくれます。

接続オプション

  • WebEDI:WebEDIの接続には、PC、ブラウザー、そしてビジネスパートナーと情報交換をするためのインタネットアクセスが必要です。データをダウンロードして内部処理を行うことは簡単にできます。
  • M2M: M2M(Machine-to-Machine)では内部システム用のインターフェースが提供されます。ビジネスプロセスのフォーマット説明が交換され、内部システムが認識できるフォーマットに変換されます。

メリット

  • 材料要求の事前計画及び調整によって計画信頼度を高めます; 顧客との共有プロセスはより透明になり、オンライン連携による追跡が可能になります。
  • コミュニケーションプロセスを速め、管理による干渉を控える。
  • 多数のビジネスパートナーと1つのプラットフォームで共同作業をし、プロセス関連データを標準フォーマットで受信します。

BoostAeroSpaceは何ですが?

AirSupplyの開発は、ヨーロッパ航空宇宙業界のプロセス及びデータフォーマットの標準化がその動機でした。この目的を達成するために、Airbus、Dassault Aviation、EADS、Safran、Thalesが会社BoostAeroSpaceを立ち上げました。この共同事業の目的の1つは、1つの航空宇宙SCMプラットフォームを介して、いくつかのレベルでのサプライヤとの交流にあります。