物流及び財務プロセスの最適化

増え続ける時間及びコストプレシャーはビジネスパートナー間のより早い、より効率的なコミュニケーションを促しています。これらのプロセスはもうファックスやエクセルやEメールでは処理し切れません。SupplyOn WebEDIは、オンラインプラットフォームを介して、顧客との透明かつ構造化した情報交換手段を提供することによって、物流及び財務プロセス(納入指示から支払いまで)の最適化を可能にします。

我々の顧客は生産量と輸送時間について弾力性アップを期待します。SupplyOnのようにネットブラットフォームを元に交流し、複雑度増加の同時に管理プロセスを保証することができます。

Dr. Peter Nebiker, Vice President, CEDES AG

SupplyOn Web EDIはどのように働きますが?

必要なものはパソコンにブラウザー、快速かつ簡単にインターネットを介してEDIメッセージの交換を行えるインターネットアクセスのみ。登録ユーザーなら、SupplyOnにログインすれば良いです。顧客のEDIメッセージは、インターネットを介して簡単にアクセスできるようなウェブ形式でSupplyOnが提供しています。WebEDIデータはブラウザーに表示されるだけではなく、サプライヤが内部システムで更なる処理をするために(CSVまたはVDA 4905フォーマットの)ファイルとしてダウンロードすることもできます。ファイルをアップロードして、EDIメッセージとしてSupplyOnを介して顧客に送信することもできます、高価なEDIインフラを開発する必要はありません。

SupplyOnで、以下の物流及び財務プロセスを効率的に管理することができます:

  • 必要プロセス: 納入指示、分納、注文書、開発部品注文書、需要注意喚起
  • 納入及び輸送データ
  • 在庫移動
  • 財務: クレジットノート、請求書(電子署名も含む)、再評価、決済、支払い通知

メリット

  • コミュニケーションプロセスを速め、管理による干渉を控える。
  • メディア不適合なしでの安全かつ確実なデータ交換。
  • 誤りがちな手動入力を避ける。